大家になってマンションを賃貸に出す

少額でも家賃収入があるのは嬉しい

ワンルームですが大家になったのは嬉しいです。
空き室になることが心配でしたが、今のところ空き室になることはなく家賃収入も安定しています。
毎月入ってくる家賃収入の中から管理費や修繕費などの必要経費を引くと手取り収入はかなり少なくなりますが、それでも毎月一定の額が入ってくるのは嬉しいです。
5年以内に売却すると税金が高くなるため、6年くらいで売ろうかなと考えています。
ワンルームを賃貸に出して家賃収入を得るのは、なかなか楽しいです。
価格によってはローンを組まなくても借りることができるので、堅実な人向きの投資です。
大家仲間を見ていると、不動産投資を知るために区分を買って練習しつつ少しずつ投資対象のスケールを大きくしている人が多いです。
若くして不動産投資に成功し1棟を購入する人もいますが、1棟の場合も利回り、稼動力は大事です。
1棟の場合は担保力が重要に鳴ります。
ほとんどの人は融資を受けないと変えないため、担保力が求められます。
銀行は担保力に加えて物件の収益力や資金力などを判断して融資を決めます。
バブルの頃と違って銀行も審査が厳しくなっているので、かなりハードルは高いです。
夢は広がりますが、取りあえずはワンルーム大家として収入を得ながら貯金します。
貯金が貯まりマンションを高値で売ることができたら、もっと大きな投資をしたいです。

サラリーマンでもワンルーム投資ができる / 少額でも家賃収入があるのは嬉しい / 不動産会社といい関係を築いておく

マンション 賃貸に出す賃貸